ブログ

2018年7月22日

第二回スライドトークショー&タッジーマッジー・ワークショップが無事に終わりました

第ニ回のスライドトークショー&タッジーマッジー・ワークショップが無事に終わりました。再びコッツウォルズの旅の風景を写真と共に歴史や私の思い出などを交えながらお話させていただきました。

自分でも調べていて驚いたのは、コッツウォルズのカッスルクームという小さな村に昔ブランケット兄弟がいて寒い時期用に暖かい織物を作った事で毛布を「ブランケット」と呼ぶようになったそうなのです。今では当たり前の言葉がこんな小さな村から生まれたとは。

コッツウォルズについて色々と調べているうちに行く前よりも興味が湧き、また再び行って違う観点から村を巡りたい思いが強くなりました。

トークショーの後はタッジーマッジワークショップです。清水先生の知識の豊富さといったら驚きます。ハーブにも様々なストーリーがあり、背景があってそれを上手く伝える力がある先生は凄いなと思いました。
家の中ではハーブの良い香りが漂っています。その香りを楽しんでいると懐かしいコッツウォルズの旅の思い出が優しく蘇ってきます。