ブログ

2018年5月30日

横浜髙島屋の展示会が終了しました

横浜高島屋の作品展が無事に終わりました。
久しぶりの立ち仕事でしたので、初めのうちは座りたい病になりましたが、しばらくすると立っていても時間が早く過ぎるようになりました。

人のご縁は不思議なものですよね。何十年、数年、数ヶ月、と時間はありますが、会っていなくてもその時を一緒に過ごした思い出が直ぐに繋げてくれるんですよね。そんな瞬間をいくつも見ては「逢えて良かった」の言葉を思い出しました。

皆さまのお力添えがあったからこそ成り立った展示会だということを実感しました。

遠方から電車やバスを乗り継いで髙島屋の7階まで来て下さったお気持ちがありがたくて感動しました。
お越しいただいた皆さま、また展示会の成功を遠くから見守り応援して下さった皆さま、沢山の方々の思いに支えられて今があることに感謝せずにはいられません。

また、偶然通りかかった方々が足を止めじっくりと作品と向き合って下さり、TikiとPuffyに新しい出会いがあったことも嬉しく、作品が人の目に触れる大切さを痛感しました。これからも一歩一歩踏みしめながら私の世界に共感して下さる方との出会いの旅をしていけたらと思いました。

日々 作品準備をしながら過ごしていたので終わってしまうと寂しいような気持ちもしますが、一つの目標が終わり、次に向けての原動力となりました。
今後ともどうぞTikiとPuffyをよろしくお願いいたします。

 

2018年5月23日

横浜高島屋にいます

横浜高島屋で現在作品展を開催中です!
是非お越しください。

島村真司・小池愛作品展
楽使器と旅の風景画
2018年5月23日(水)→29日(火)
横浜髙島屋7階エスカレーター横特設会場
※営業時間 午前10時から午後8時まで 最終日は午後5時閉場
【島村真司】日々の暮らしの中で楽しく使える器(楽使器-たのしき-)をテーマとした陶芸作品
【小池愛】TikiとPuffyの旅するグラフィックアートと色彩を奏でるアクセサリー

グラフィックアートは今回の新作ロンドンの2点の他、今まで旅してきた作品をピックアップし、展示します。
アクセサリーは上質な天然石とユニークなチェーンを使用し、美しい旋律のある作品に仕上げています。

2018年5月11日

6月10日:小池愛スライドトークショー&タッジーマッジー・ワークショップ

イベントのお知らせになります。
現在展示会中の「清春・旅と空想の美術館」にて~小池愛スライドトークショー&タッジーマッジー・ワークショップ~を開催いたします。今回のテーマでもありますコッツウォルズの旅の風景を写真と共にエピソードを交えてご紹介します。

そしてオリジナルブレンドのハーブティーを楽しみながらタッジーマッジーと呼ばれるハーブの花束を作ります。あげた人ももらった人も幸せになれると言われているそうです。是非ご参加いただけたら幸いです。

小池愛スライドトークショー&タッジーマッジー・ワークショップ

~ハーブティーを楽しみながら~
日時:6月10日(日)14時~/7月22日(日)14時~
参加費:2000円( 定員10名様 )
( 材料費・ハーブティーお菓子付き )

開催場所:山梨県北杜市長坂町中丸1543-5「清春・旅と空想の美術館」
お問い合わせ先:Tel&FAX:0551-32-8188

昨年秋に旅したイギリス・コッツウォルズの旅のお話をスライドとともに楽しんだあと、各自お好きなハーブをブレンドさせたハーブティーを楽しみながら、小さく可愛らしいハーブの花束・タッジーマッジーを作ります。見て聞いて触って食して、五感でコッツウォルズのナチュラルライフを堪能できるイベントです。

 

2018年5月9日

山梨日日新聞に掲載されました

今朝の山梨日日新聞に現在展示会中の記事が掲載されました。ご覧になって下さい。

美術館は木・金・土・日と開館しています。
笑顔の素敵な館長さんがいます。歩く辞書のような方でコッツウォルズの知識もすでに刻まれています。是非お話してみてください。

Tiki & Puffy「イギリスの最も美しい村コッツウォルズの旅」展
~はちみつ色の小さな村 積み重ねてきた記憶の中で~
期間:2018年4月12日(木曜日)~7月29日(日曜日)
場所:清春 旅と空想の美術館
〒408-0036
山梨県北杜市長坂町中丸1543-58
Tel&FAX:0551-32-8188
開館時間:10:00-17:00
休館日:月・火・水(祝日は開館)
入館料:大人500円・小中学生300円

2018年5月1日

八ヶ岳ジャーナルに掲載されました

現在開催中の展示会の紹介が八ヶ岳ジャーナルに掲載されました。

2018年4月12日(木曜日)~7月29日(日曜日)

Tiki & Puffy「イギリスの最も美しい村コッツウォルズの旅」展
~はちみつ色の小さな村 積み重ねてきた記憶の中で~

いくつもの緑の丘を越え待っていたのは はちみつ色に佇む家々でした。
長い歴史を悠々とくぐり抜け今もなお息吹いています。
ひっそりといながらも厳かな揺るぎない存在感はこれからもずっと変わらず人々と共にここにあるでしょう。